FC2ブログ

毎日が奇跡。

リーディングワーカー翠の、ちょっと不思議な話。

Entries

食べる物がなくなる日が来る恐怖。

フェイスブックでシェアされていたニュース。

よくよく読んだら、鳥肌が立つような内容でした。

以下引用。



拡大する遺伝子組み換え作物 選択する知識を学ぶ時代 
                           (2013.8.18.産経ニュースより)


世界的な人口増加に伴う穀物需要の高まりを背景に、遺伝子組み換え(GM)作物の

栽培が拡大している。

日本ではGM作物の食用の商業栽培は行われていないが、輸入されたGM作物が

じわりと浸透している。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加もあいまってGM作物への関心は高い。

その技術はどこまで進歩しているのか。

(石井那納子)



サプリさながら


 「食べるだけで頭が良くなる」「心臓疾患などの生活習慣病の予防にもつながる」…。

こんな触れ込みの作物が次々と研究開発されている。

豊富な栄養価などの付加価値をつけ、サプリメントのような効果を持つGM作物の“第2世代”。

ターゲットは消費者だ。

 開発したのは米国のバイオ化学メーカー、モンサント社。

青魚に多く含まれている「オメガ3脂肪酸」を生成する、微生物の遺伝子を大豆に組み込んだ。

「オメガ3脂肪酸は妊婦から乳児、高齢者まで各世代の健康維持増進に必要な栄養素。

肥満や生活習慣病の予防効果があり、大豆を通じて効率的に摂取できる」(同社日本法人)という。


 貧困対策としての研究も進む。

免疫機能の低下を引き起こすビタミンA欠乏症の改善を目的とする「ゴールデンライス」。

ビタミンAのもととなるβ(ベータ)カロテンが多く含まれ、

ヒガンバナ科のスイセンの遺伝子を組み込んだ。

アフリカやアジアではビタミンA不足で、年間数十万人の子供が失明しているとされる。

限られた食料で効率的に栄養素をとれるため、フィリピンの国際稲研究所(IRRI)

(イリ)では、商業化も視野に試験栽培が続く。


 日本でも「低タンパクイネ」の研究開発が進む。

成功すれば、タンパク質を制限した食事治療を続ける腎臓病や糖尿病の患者にとって朗報になる。



世界の農地の1割

 
 GM作物に詳しい大阪府立大生命環境科学研究科の小泉望教授(50)=応用生命科学=は、

その特徴を「効率が良い、この一言に尽きる」と話す。


 従来の育種では一つの品種を作るのに、作物同士を何代も掛け合わせる必要があり、

十数年かかることもあった。

GM技術なら、生物の種を超えて遺伝子を組み込み、生産者らの求める性質を効率よく取り込める。

実用化までの期間も、「半分以下に短縮できるものもある」(小泉教授)。


 第1世代の商業栽培は1996年に米国で始まった。

第2世代とは違い、生産者側の利便性を飛躍的に向上させた。


 代表例は、殺虫成分を作る微生物などの遺伝子を、大豆やトウモロコシに組み込み、

害虫に強くした。

農家は農薬散布や除草の手間から解放され、コストも削減でき、米国やブラジルなどの

農業大国で急速に普及。

国際アグリバイオ事業団によると、栽培面積は日本国土の約4・5倍の約1億7030万ヘクタール、

実に世界の農地の10%を占める。





安全性の担保

 組み込んだ遺伝子が作るタンパク質が、がんやアレルギーを起こす恐れはないのか。

栽培の拡大や輸入に伴い議論されるのは、安全性をどう確認するという問題だ。



 これまでGM作物の健康被害は出ていないが、消費者の不安に対応するため、

日本では商業栽培や輸入は、生物多様性の影響を専門家が調査し、農林水産大臣などが承認。

厚生労働省なども安全性を確認する。


 トウモロコシはほぼ100%、大豆は95%を輸入に頼る日本は、

日々の暮らしにGM作物がすでに浸透している。

そのため、GM食品の表示制度では、トウモロコシや大豆など7品目の農作物と、

それらを原材料とする32品目の加工食品を対象にしている。


 国内の科学者らでつくる日本学術会議の大西隆会長は

「イメージだけでGM作物に拒絶反応を示す消費者は多い。

今後もGM作物由来の食品は広まると予想される。

食べる、食べないの判断は消費者に委ねられている。

自ら納得して選択する知識を学ぶときに来ている」と話している。


 
     ◇

 バイオテクノロジー企業などでつくるバイテク情報普及会によると、

GM作物に組み込んだ殺虫性毒素に対し耐性を持つようになった害虫や、

GM作物と組み合わせて使う除草剤で枯れない“スーパー雑草”の発生が年々増加している。

生物は環境に適用していくものだが、同会は「予想以上に出現が早く、新たな問題」と話す。


 GM作物の栽培が始まった90年代後半、米国環境保護庁は、

GM作物への耐性虫は99年間は出現しないと予測。

種子メーカーなどは独自に開発した除草剤と、この除草剤に強いGM作物をセットで販売してきた。

強い耐性を獲得した害虫や雑草の出現で、農薬の使用が増えるなどの問題が出てきている。

 

 GM作物が必ずしも完璧ではないことを浮き彫りにしており、

今後も農薬と害虫、雑草とのいたちごっこが続くことを示している。


(引用終わり)



読めば読むほど、モンサントがどれだけ自然の生態系や安全性を無視して、利益だけを

追求してきたかが一目瞭然です。

99年間というのも大嘘なら、そんな食べ物が安全であるという根拠などどこにもない。

肥満や生活習慣病の予防効果?

そんなもの、食生活を見直せばすむだけの話ではないですか。

食べる食べないの判断は消費者自らの判断って、安全な食べ物は確保されるんですか?

遺伝子組み換えの上に、さらに農薬の使用量を増やすしかない状況になっているのに、

そんな恐ろしいものを世界に広めて・・・・・。



このようなことを続けていったら、

いずれ地球上には食べられるものなど無くなってしまうのではないでしょうか。

その利益で潤っている方々は、何を食べて生きているのか、

この先、ご自分の子や孫に何を食べさせるつもりなのか、

それとも、今、自分たちだけが贅沢に暮らせればそれで良いと思っているのでしょうか・・・。




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

プロフィール

翠

Author:翠
息子26歳と娘24歳、
孫1歳、
それにネコさん8匹
14歳x2、4歳x2、
3歳(男の子)、
3歳x2、1歳(女の子)
と暮らしています。

ノーテンキ一家の楽しい
日々や、ネコさんのお話、
ちょっと不思議な話や
シェアしたい大切な話など。

どんな人生も宝物。
冒険の旅をもっともっと、
楽しくしましょう♪

リーディングワーカーもしています。
スピに偏り過ぎず、実生活に役立つセラピーを心がけています。

☆リーディングを
 ご希望の際は、
 ↓ をご覧になり
 「リーディングについて」
 よろしければ
 下記メールフォームから
 ご連絡くださいね。

お問い合わせはお気軽に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ステージ:地球

新たな冒険者が

      PTに参加しました☆

ぽちっとな。

押してもらえると喜んでモニタに向かって(*・ω・)*_ _))ペコリンします☆

FC2Blog Ranking

        ありがとう♪

よろしければ、こちらも。

♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪

わんにゃん安心ご飯。

オーガニック!

フローリーパッツ

アイリスプラザ

なんでも揃う♪

アイリスプラザ

私も愛用中♪

感動のクレンジング。

クレンジングリキッド

肌に優しく簡単すっきり☆

自分カスタマイズ☆

自分☆BABY♪わんこにも!

Tシャツ iphoneケース

銀製グフ だと・・・?!

どれすsilver925

簡単アンケートでお小遣いGET☆

マクロミルへ登録

     これはオススメ♪

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

現在のお客様♪

現在の閲覧者数:

チャットできるよ☆

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1099位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
235位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

くろねこ時計

最新記事

検索フォーム

ブロとも大歓迎(*^▽^*)

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

本は友達(・∀・)