毎日が奇跡。

リーディングワーカー翠の、ちょっと不思議な話。

Entries

あずさからのメッセージ。

今日は、私がとっても感動したお話を紹介したいと思います。

読んでいて、感動だけでなく、あーなるほど、そうなんだーとか、

子供たちってやっぱり素晴らしい!って思ったり、学びや発見がいっぱいある、

とても素敵なお話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

致知2013年2月号 致知随想より

是松いづみさん(福岡市立百道浜小学校特別支援学級教諭)



十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、

多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという痛ましい事件が起きました。



それを知った時、私は障がい児を持った親として、

また一人の教員として伝えていかなくてはならないことがあると強く感じました。



そして平成十四年に、担任する小学五年生の学級で

初めて行ったのが「あずさからのメッセージ」という授業です。



梓は私の第三子でダウン症児として生まれました。



梓が大きくなっていくまでの過程を

子供たちへの質問も交えながら話していったところ、

ぜひ自分たちにも見せてほしいと保護者から授業参観の要望がありました。

以降、他の学級や学校などにもどんどん広まっていき、

現在までに福岡市内六十校以上で出前授業や講演会をする機会をいただきました。



梓が生まれたのは平成八年のことです。

私たち夫婦はもともと障がい児施設でボランティアをしていたことから、

我が子がダウン症であるという現実も割に早く受け止めることができました。



迷ったのは上の二人の子たちにどう知らせるかということです。

私は梓と息子、娘と四人でお風呂に入りながら

「梓はダウン症で、これから先もずっと自分の名前も書けないかもしれない」

と伝えました。

息子は黙って梓の顔を見つめていましたが、しばらくしてこんなことを言いました。



さあ、なんと言ったでしょう?

という私の質問に、子供たちは

「僕が代わりに書いてあげる」

「私が教えてあげるから大丈夫」

と口々に答えます。

この問いかけによって、一人ひとりの持つ優しさが

グッと引き出されるように感じます。



実際に息子が言ったのは次の言葉でした。

「こんなに可愛いっちゃもん。

いてくれるだけでいいやん。

なんもできんでいい」。



この言葉を紹介した瞬間、

子供たちの障がいに対する認識が少し変化するように思います。

自分が何かをしてあげなくちゃ、と考えていたのが、

いやここにいてくれるだけでいいのだと価値観が揺さぶられるのでしょう。



さて次は上の娘の話です。

彼女が

「将来はたくさんの子供が欲しい。

もしかすると私も障がいのある子を産むかもしれないね」

と言ってきたことがありました。

私は

「もしそうだとしたらどうする?」

と尋ねました。



ここで再び子供たちに質問です。

さて娘はなんと答えたでしょう?



「どうしよう……私に育てられるかなぁ。お母さん助けてね」。

子供たちの不安はどれも深刻です。



しかし当の娘が言ったのは思いも掛けない言葉でした。

「そうだとしたら面白いね。

だっていろいろな子がいたほうが楽しいから」。



子供たちは一瞬「えっ?」と息を呑むような表情を見せます。

そうか、障がい児って面白いんだ――。

いままでマイナスにばかり捉えていたものを

プラスの存在として見られるようになるのです。



逆に私自身が子供たちから教わることもたくさんあります。

授業の中で、梓が成長していくことに伴う「親としての喜びと不安」には

どんなものがあるかを挙げてもらうくだりがあります。



黒板を上下半分に分けて横線を引き、上半分に喜びを、

下半分に不安に思われることを書き出していきます。

中学生になれば勉強が分からなくなって困るのではないか。

やんちゃな子たちからいじめられるのではないか……。

将来に対する不安が次々と挙げられる中、こんなことを口にした子がいました。

「先生、真ん中の線はいらないんじゃない?」。

理由を尋ねると

「だって勉強が分からなくても周りの人に教えてもらい、

分かるようになればそれが喜びになる。

意地悪をされても、その人の優しい面に触れれば喜びに変わるから」。

これまで二つの感情を分けて考えていたことは果たしてよかったのだろうかと

自分自身の教育観を大きく揺さぶられた出来事でした。



子供たちのほうでも授業を通して、それぞれに何かを感じてくれているようです。

「もし将来僕に障がいのある子が生まれたら、

きょうの授業を思い出してしっかり育てていきます」

と言った子。

「町で障がいのある人に出会ったら自分にできることはないか考えてみたい」

と言う子。

「私の妹は実は障がい児学級に通っています。

凄くわがままな妹で、喧嘩ばかりしていました。

でもきょう家に帰ったら一緒に遊ぼうと思います」

と打ち明けてくれた子。

その日の晩、ご家族の方から学校へ電話がありました。

「“お母さん、なんでこの子を産んだの?”と

私はいつも責められてばかりでした。でもきょう、

“梓ちゃんの授業を聞いて気持ちが変わったけん、

ちょっとは優しくできるかもしれんよ”と、

あの子が言ってくれたんです……」。

涙ながらに話してくださるお母さんの声を聞きながら

私も思わず胸がいっぱいになりました。



授業の最後に、私は決まって次の自作の詩を朗読します。

「あなたの息子は

あなたの娘は、

あなたの子どもになりたくて生まれてきました。

生意気な僕を

しっかり叱ってくれるから

無視した私を

諭してくれるから

泣いている僕を

じっと待っていてくれるから

怒っている私の話を

最後まで聞いてくれるから

失敗したって

平気、平気と笑ってくれるから

そして一緒に泣いてくれるから

一緒に笑ってくれるから

おかあさん

ぼくのおかあさんになる準備をしてくれていたんだね

私のおかあさんになることがきまっていたんだね

だから、ぼくは、私は、

あなたの子どもになりたくて生まれてきました。」

上の娘から夫との馴初めを尋ねられ、

お互いに学生時代、障がい児施設でボランティアをしていたからと答えたところ

「あぁ、お母さんはずっと梓のお母さんになる準備をしていたんだね」

と言ってくれたことがきっかけで生まれた詩でした。

昨年より私は特別支援学級の担任となりましたが、

梓を育ててくる中で得た多くの学びが、

いままさにここで生かされているように思います。

「お母さん、準備をしていたんだね」

という娘の言葉が、より深く私の心に響いてきます。



NewImage368_convert_20130201024004.png







スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮素晴らしい発想の子どもたち
素晴らしい 詩 そしていつもながらそれを選んで
ブログに 載せた貴方も素晴らしい

感動ですヽ(*^^*)ノ
  • posted by miki 
  • URL 
  • 2013.02/01 05:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

じわ~っと心に浸みますね。
みんな素晴らしい
生きてく事って素晴らしい

そんな気持ちにさせられました。
有難うございます。
  • posted by 間取作造 
  • URL 
  • 2013.02/01 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

翠さんこんばんは!

そうね・・そうね・・・
ついマイナスな考えが多くでてきます。
イメージもそうかもしれない・・

何と素晴らしいお子様のお言葉!
それを聞く生徒さんのまた素直な所。

あ~自作の詩を読んで自分はちゃんとお母さんできているのか?と反省してしまいます。
本当に子供が愛おしくなりますね!
  • posted by 桃咲マルク 
  • URL 
  • 2013.02/02 02:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: mikiさま。 

コメントありがとうございます。

ワーイ♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ♪
褒められちゃった嬉しいな(≧▽≦)♪


  • posted by 翠 
  • URL 
  • 2013.02/02 04:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 間取作造さま。 

コメントありがとうございます。

> みんな素晴らしい
> 生きてく事って素晴らしい
本当にそうですね。
子供たちの達観ぶりというか、進化した魂なんだなぁと感動すら覚えます。
教えられることがいっぱい。ありがたいです。


  • posted by 翠 
  • URL 
  • 2013.02/02 04:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 桃咲マルクさま。 

こめんとありがとうございます。

> 何と素晴らしいお子様のお言葉!
> それを聞く生徒さんのまた素直な所。
> 本当に子供が愛おしくなりますね!
本当にそう思います。
今の子供たちって、何十年も生きてきた自分よりも目覚めていて、
本当に素晴らしい子たちなんだなと思うことがたくさんあります。
教えられることばかりです(ノω`*)

  • posted by 翠 
  • URL 
  • 2013.02/02 04:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

感謝 

自分の息子も重度の自閉症ですが、本当に自分の子供として生まれてきてくれて感謝しています。
今は横浜の地域支援活動センターで働いていますが、皆さんに愛されて毎日過ごしています。
誰でも意味を持ってこの世に生まれてくると思います。二十歳になっても子供の純粋さを持っている息子や障害を持っている方々を見ていると心が暖まりますし、これからも明るく生きて欲しいと願います。
先日横浜自閉症親の会に入会しました。少しでも障害を持つ人たちが暮らしやすくなるよう微力ながら活動したいと思います。

Re: 菅沼 正明さま。 

コメントありがとうございます。

病気や障がいを持って生まれてくる方や、そのご両親となられる方、それにその方々のお世話をされる方たちは皆さんとても霊性が高いと感じています。
大きな愛と優しさ、強い心。
その全てを持っているからこそ選べる身体や立場なのですね。
そういう方たちを見るたびに、私が成し得ないことができる素晴らしい方々なのだと感動し、尊敬します。
菅沼さまも、そのような素晴らしい人生を生きていらっしゃるのですね。
ますますのご活躍をお祈りしております。
  • posted by 翠 
  • URL 
  • 2014.05/05 12:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

プロフィール

翠

Author:翠
息子26歳と娘24歳、
孫1歳、
それにネコさん8匹
14歳x2、4歳x2、
3歳(男の子)、
3歳x2、1歳(女の子)
と暮らしています。

ノーテンキ一家の楽しい
日々や、ネコさんのお話、
ちょっと不思議な話や
シェアしたい大切な話など。

どんな人生も宝物。
冒険の旅をもっともっと、
楽しくしましょう♪

リーディングワーカーもしています。
スピに偏り過ぎず、実生活に役立つセラピーを心がけています。

☆リーディングを
 ご希望の際は、
 ↓ をご覧になり
 「リーディングについて」
 よろしければ
 下記メールフォームから
 ご連絡くださいね。

お問い合わせはお気軽に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ステージ:地球

新たな冒険者が

      PTに参加しました☆

ぽちっとな。

押してもらえると喜んでモニタに向かって(*・ω・)*_ _))ペコリンします☆

FC2Blog Ranking

        ありがとう♪

よろしければ、こちらも。

♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪

わんにゃん安心ご飯。

オーガニック!

フローリーパッツ

アイリスプラザ

なんでも揃う♪

アイリスプラザ

私も愛用中♪

感動のクレンジング。

クレンジングリキッド

肌に優しく簡単すっきり☆

自分カスタマイズ☆

自分☆BABY♪わんこにも!

Tシャツ iphoneケース

銀製グフ だと・・・?!

どれすsilver925

簡単アンケートでお小遣いGET☆

マクロミルへ登録

     これはオススメ♪

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

現在のお客様♪

現在の閲覧者数:

チャットできるよ☆

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
170位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

くろねこ時計

最新記事

検索フォーム

ブロとも大歓迎(*^▽^*)

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

本は友達(・∀・)